太らない!サンドウィッチの選び方☆

ダイエット 食事

おはようございます^ ^

今日は、朝ごはんに、ランチにサクッとたべれるサンドウィッチの選び方について☆


卵、ハム、根菜と多種にわたる種類がある
コンビニのサンドイッチ。


野菜多め?カロリー控えめ?
単にお腹を満たすのではなく、
ダイエット、健康を考えるからこそ
どれが良いかの選び方は大切。

現にこの選び方で、
その時の血糖値からの脂肪のつき方
夜の食欲や、翌日の食欲にまで
影響を与えてしまいます。



女性の目線だと、

野菜!カロリー!で選びがち。
根菜、レタス、コールスロー
と野菜メインのサンドイッチ健康そう!ヘルシー!
悪気がなさそうですよね。

 

しかし、空腹時、

朝食から時間があき、お腹すいたー‼︎

その時に根菜、野菜多め+パンという
糖質+糖質+脂質!ととるのは
もっとも脂肪に変換されやすいのです!!

ここで大切なのが、カロリーよりも
体への余計な吸収を抑えることになります。

○脂質とタンパク質量を見比べる
→理想はタンパク質>脂質
コンビニではなかなかないですが、
なるべくこれに近いものを選びましょう。

脂質自体は腹持ちとしても、
脂肪を分解するホルモンとしても
体にとって必要です。


そしてタンパク質は、
脂肪を分解する働き、
脂肪を体にためこたない働きがあります。


チキン、卵、ハム等
タンパク質多めのものを選びましょう。

○糖質よりも脂質の方が多めを選ぶ。


サンドイッチ=炭水化物!
なイメージですが、
不規則時の食べ方としては
・なるべく血糖値を揺らさない
・長くエネルギーになる脂質
が多い方が脂肪をためにくい。

卵サンド、トンカツ、チキン南蛮等
ボリュームがあり脂質>糖質
というような選び方がオススメです。


ひとつの知識として活用してみてください☆

コメント